宮島永太良さん、「生きる」イメージ原画を制作

「希望の光」が差し込むよう


2022年ポスター作品

「生きる」コンサートでは、クラシック・ヨコハマが始まった2007年度から神奈川県小田原市出身の美術家、宮島永太良(みやじまえいたろう)さんがイメージ画を制作しています。横浜美術館協力会の評議員も務め、絵画のほかにロゴマークのデザイン、オリジナルのウサギのキャラクター「マルタ」を使ったアニメーション他、Webコンテンツ制作も手掛けています。
「生きる~2022 若い命を支えるコンサート」の原画では、今回も動画配信「マルタの冒険」の仲間たちが当登場します。


 「2019年から始まった新型コロナウィルスの脅威は未だに収まりませんが、この状況においてみなさんは今まで以上に健康の大切さを実感されたことでしょう。今年はワクチン接種が進み、少しずつ「希望の光」が見えてきた感じもします。この絵はその「希望の光」が、みなさん一人一人に差し込むよう願いを込めて制作いたしました。
 画中には医療のひっ迫にありながら治療や対応にあたってくださる方々への敬意と感謝を表わそうと、医学の象徴「蛇」や「蛇の巻き付いた杖」のイメージを描きました。そして、キャラクターたちの周囲に生い茂る薬草や楽器の先端に施した「薬師如来」の薬袋で医薬品の重要性も表現しました。
 治療支援を行う小児ガンの患者さんはもとより、様々な病気に向き合って毎日を過ごされる患者さん方のご回復を心からお祈りしています」と宮島さんは話します。

原画はコンサートの会場で展示され、例年、横浜市内の病院や施設に寄贈されています。

宮島永太良 プロフィール

2018年8月撮影
ファンケルクラシックの特設会場で「マルタ」と一緒に会場に訪れた子供たちと写真に納まる宮島永太良さん(2018年8月撮影)

神奈川県小田原市出身
和光大学人文学部、早稲田大学第二文学部卒業
美学校細密画教場終了
横浜美術館協力会評議員 小田原あらたま会会員

これまでの主な美術活動

  • カトリーヌ・ドヌーヴ主演「ロバと王女」の
    デジタルニューマスター版完成に伴うイメージ画制作
  • パリ(アートスペースギャラリー)にて個展開催
  • 詩画集「妙な絵物語」(生活の友社)発表
  • ウサギのキャラクター マルタを発表のち絵本「マルタの冒険」(興陽館、ハースト婦人画報社)二冊を発表
  • 映画「MARCHING-明日へ-」テーマ画制作

作品常設

  • エクセルシオールカフェ 新橋二丁目店(東京・新橋)
  • ぎゃらりー喫茶なよたけ(厚木市)
  • 贅沢チーズケーキレゾルカ(東京・中央区銀座)

これまでの主な社会活動

  • 「クラシックヨコハマ~若い命を支えるコンサート」テーマ画を2007年度より毎年作成し、小児科医療機関などに 原画を寄贈
  • 大阪大学学部附属病院、慶應病院小児病棟へ作品を寄贈
  • 株式会社ファンケルの社会貢献活動に賛同し、東日本大震災被災地の復興支援や障がい者福祉施設の活動支援に参加
  • 東日本大震災を受け「マルタ募金」を始め、自然災害による甚大な被害への義援金や、こどもホスピスなど小児医療関連施設への支援金へ協力
  • 一般財団法人健康とアートを結ぶ会を設立し、健全な生活に向けた様々な活動を企画

地上波3chテレビ神奈川 :土曜日朝6時55分 天気予報

                                     お昼の情報番組「猫のひたいほどワイド」水曜日(毎月1回)  に好評出演中!

その他 宮島永太良公式サイト 及び 「マルタの冒険」公式サイト にて動画を配信中

 

PageTop